内面からキレイになろう!美肌にいい食べ物とは?

ビタミンB2・B6を摂ろう!

疲れるとすぐ顔に出てしまうニキビや吹き出物、折角お肌のお手入れをしていてもこれらが出てしまうと台無しですよね。
でも疲れが出るのは仕方がないし、食生活を整えるといってもやっぱり外食したりおやつを食べたりもしたい。
そんな時はビタミンB2・B6を効果的に摂ってみましょう。ビタミンB2にはニキビの原因となる脂質や糖質の代謝を助け、ビタミンB6はたんぱく質の代謝を助けます。ビタミンB2は、アーモンド、卵類、牛乳などに多く含まれており、ビタミンB6は、卵類、緑黄色野菜、魚類に多く含まれています。また、ビタミンB2・B6はそれ単体で摂取してもあまり効果が期待できません、ビタミンB2・B6の働きを助けるビオチンの含まれる食材を一緒に摂りましょう。ビオチンが多く含まれるのは、卵類、レバー、いわしなどです。
卵はとても効率的な食材といえますね、とはいえ食べ過ぎには注意です、バランスよく摂取しましょう。

美肌の大敵、乾燥を防ぐ!

お肌の保湿を助けるといえば、ヒアルロン酸。
ですが、一体どんな食材に多く含まれるのでしょう?フカヒレや軟骨などに含まれるというのはよく聞きますが、毎日摂れるものではありませんよね。
他には例えば、豚足や鶏手羽、鶏トサカ、鮭・カレイ・ウナギなどの魚類に多く含まれますが、同時に脂質の高いものも多く、常食するにはお財布にも優しくない食材が多いように思います。
こうしてみると、肉や魚にしかヒアルロン酸は含まれていないかのように見えるのですが、実は野菜や海藻類にもヒアルロン酸を含むものがあるのです。例えば山芋やオクラ、納豆、もずくなどに含まれています。
納豆にはビタミンB群が多く含まれており肌の代謝を助けますし、海藻には植物繊維が豊富なのでデトックスに有効、という2重にうれしい効果もあります。これらなら、お財布にも優しく毎日食べても安心ですね。